Skip to content

結婚指輪のデザインのポイントは、小さな玉の打刻模様を連続して縁に施す加工 をミルグレイン加工といい ます。
19世紀のヨーロッパののアンティークジュエリーによく見られる飾りで熟練を要する技術で、ミルグレイン加工もしくは、ミル打ちと呼ばれています。

このミル打ち加工には、ラテン語の「千の粒」という意味があり、ジュエリーの縁をくっきりと見せる効果があり、結婚指輪に華やかさが生まれます。

華やかさだけではなく、デリケートな光の反射は無数のダイヤモンドが輝いているかのようで、ミル打ちは平打ちの指輪から比べ傷が目立たないという効果も期待できます。

ただ、ミルグレイン加工には時間と手間と技術が必要なことから、ローラーを使用して彫り込むものやミルグレイン加工に見える「型」に溶かして製造したものなどがあります。

手作業によるミルグレイン加工を施した結婚指輪には手作業の価値とともに、価格の面でも高価なものになります。

プラチナ、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドのリングから選んで加工してもらうことができます。
たとえば、PT900のプラチナリングの場合、男女ともに120,000円前後、両方で240,000円前後になります。

■詳細は→マリッジリングのBRILLIANCE

結婚したことの証しとして結婚指輪を交換しますが、結婚指輪については、自分たちで選んで決めたものを買うことが多いそうです。

最近は、リーズナブルな価格でつくれる結婚指輪の販売店もあることから、そのデザインについては二人で好みのものを決めるということもあるようです。結婚指輪はいつもつけているため、デザインがよいものを選ぶことがよいでしょう。

結婚指輪のデザインとして、ミル打ちという方法があります。ミル打ちは、指輪に小さな玉を連続させたデザインのことで、この装飾手法を使うと、豪華な印象が得られるようになります。

ミル打ちのデザインは、古くからよくジュエリーに用いられてきたもので、「千の粒」を由来としています。ミル打ちは、一粒ずつ打ちこんだり、ローラーで彫り込んだり、型に溶かして作る方法がありますが、どれも指輪として印象がよくなり、指輪の輝きも向上します。

また、ミル打ちなら、指輪に傷がついても目立たなくなるため、長く使えることが特徴とされています。このように自分好みの結婚指輪をつくることにおいてミル打ちでつくった指輪は、気に入るようになるはずです。これも結婚した二人にとって思い出の一つとなることでしょう。