結婚したことの証しとして結婚指輪を交換しますが、結婚指輪については、自分たちで選んで決めたものを買うことが多いそうです。

最近は、リーズナブルな価格でつくれる結婚指輪の販売店もあることから、そのデザインについては二人で好みのものを決めるということもあるようです。結婚指輪はいつもつけているため、デザインがよいものを選ぶことがよいでしょう。

結婚指輪のデザインとして、ミル打ちという方法があります。ミル打ちは、指輪に小さな玉を連続させたデザインのことで、この装飾手法を使うと、豪華な印象が得られるようになります。

ミル打ちのデザインは、古くからよくジュエリーに用いられてきたもので、「千の粒」を由来としています。ミル打ちは、一粒ずつ打ちこんだり、ローラーで彫り込んだり、型に溶かして作る方法がありますが、どれも指輪として印象がよくなり、指輪の輝きも向上します。

また、ミル打ちなら、指輪に傷がついても目立たなくなるため、長く使えることが特徴とされています。このように自分好みの結婚指輪をつくることにおいてミル打ちでつくった指輪は、気に入るようになるはずです。これも結婚した二人にとって思い出の一つとなることでしょう。